ムダ毛処理を忘れました

急に外出をしなければならなくなり、大慌てで膝下のムダ毛処理をしました。処理が終わり、一安心して電車に乗り座席に座りました。

そして何気なく自分のスカートから出た膝下を見ると、なんと右足だけ処理をしていなかったのです。慌てていたのがいけませんでした。

なぜ片足だけ忘れるということは今までで初めてです。処理を忘れてしまった右足を見ながら、自分でとても恥ずかしくなりました。

いますぐどこかに隠れてしまいたいという気持ちでした。電車の中ではどうする事も出来ず、誰かに気づかれているのではないかという不安が頭を何度もよぎりました。

電車に乗っている方々の様子を見ると、皆さんスマートフォンの画面に夢中で私には気づいていないようでした。

やっと目的の駅に着き、駅構内の洋服店に寄り長ズボンを購入し、早速履き替えました。移動している間は、ずっと恥ずかしさで一杯でした。

処理を忘れた自分をひどく後悔しました。この体験から私は、どんなに忙しくても慌てていても、ムダ毛の処理だけはゆっくりとした気持ちで余裕を持ってきちんと行おうと強く決めました。

ミュゼ 那覇店